Skip to content

会社概要

タッチパネル・システムズ株式会社は、1989年の設立以来、人とコンピューターとのインターフェイスを、よりやさしくシンプルに行うためのタッチパネル関連製品の開発・製造・販売を行っています。業界随一の技術方式をラインアップし、タッチパネル専門メーカーならではの高品質・高信頼性のタッチモニターやタッチパネル一体型PCなど、幅広い製品群を提供しています。

概要
社名 タッチパネル・システムズ株式会社
(英文名:Touch Panel Systems K.K.)
設立年月日 1989年2月1日
代表取締役

事業本部長
ヤフィ・ウェン

本田 直人
所在地 〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-19-20
SUN HAMADA BLDG.2F
【営業部】TEL.045-478-2161/FAX.045-478-2180
【総務部】TEL.045-478-2171/FAX.045-478-2182
事業内容
  • 超音波表面弾性波方式タッチパネル、投影型静電容量方式タッチパネル、赤外線走査方式タッチパネル、抵抗膜方式タッチパネルなど、各種方式タッチパネルの製造及び販売。
  • 上記関連ソフトウェアの開発及び販売。
  • 上記関連周辺機器及びシステム製品の開発・製造・販売。
関連会社 Elo Touch Solutions, Inc.(親会社)


沿革
1989年 ●米国Raychem Corporationとダイセル化学工業株式会社の折半合弁会社として
タッチパネル・システムズ株式会社設立
1991年 ●超音波表面弾性波方式タッチパネル「インテリタッチ」の開発・製造・販売開始
1993年 ●超音波表面弾性波方式タッチパネル「インテリタッチ」内蔵ディスプレイ(タッチモニター)の開発・製造・販売開始
1996年 ●VCCI(情報処理装置等電波障害自主規制協議会)入会
1999年 ●Tyco International Ltd.とダイセル化学工業株式会社の折半合弁会社となる
2000年 ●Tyco International Ltd.の100%出資会社となり、EloTouchSystems,Inc.の日本法人となる
●キャロルタッチインターナショナルリミテッドと事業を統合、超音波表面弾性波方式タッチパネル「インテリタッチ」、赤外線走査方式タッチパネル「キャロルタッチ」、5線式抵抗膜方式タッチパネル「アキュタッチ」の3方式を製品ラインアップとして揃える
2002年 ●LCD組込みタッチモニターの製造・販売開始
2003年 ●タッチコンピューターの製造・販売開始
2004年 ●4線式抵抗膜方式タッチパネル「AT4」を製品ラインアップに加える
●静電容量方式タッチパネル「プロジェクテッド・キャパシティブ」「サーフェース・キャパシティブ」を製品ラインアップに加える
2007年 ●Tyco Electronics Corporation の100%出資会社となる
2009年 ●超音波表面弾性波方式では初のマルチタッチ技術「インテリタッチプラス」を開発、
マイクロソフト社「Windows Touch AQ(Additional Qualification)」認証を取得
2011年 ●インタラクティブ・デジタルサイネージの製造・販売開始
●企業ブランドをTyco Electronics からTE Connectivityに変更
2012年 ●TE Connectivity から The Gores Group へのタッチパネル事業売却に伴い設立された
Elo Touch Solutions, Inc. の日本法人となる

品質方針
  • 全ての従業員は、品質向上活動を通じて、お客様に満足される製品及びサービスを継続的に提供する。
  • 全ての従業員は、品質向上活動を通じて、健全な企業体質を維持することに貢献する。
  • 全ての従業員は、お客様に提供する製品およびサービスが、必要な要求事項を満たすように、適切なプロセスを設定し、これを実行する。
  • 全ての従業員は、品質向上活動を推進する責務を持ち、全員がこの活動に参加する。


環境方針

タッチパネル・システムズ株式会社の環境への取組み

  • 当社は、タッチパネルを広く社会に送り出す企業として、常に環境に優しくありたいと願っています。
  • 当社の企業活動は、製品の設計・開発、製造、販売、付帯サービスを中心に行っています。
  • 当社は環境保全に対し、製品に潜在する、直・間接的な環境影響を抽出し、その低減に努めると共に、事業活動を通じて省資源・省エネルギーに取組み、環境影響への継続的な改善に努めます。

基本理念
当社は、自然環境との調和、地域社会との共存を大切にする為に、企業活動を通じ、省資源・省エネルギーを進め、廃棄物の排出削減を行い、汚染の予防に努め、環境の維持・向上に努めます。

基本方針

  • 環境目的・環境目標を環境方針、法規制、環境側面、利害関係者の見解等に基づき、年度毎に決定し、実行します。
  • 地域社会に迷惑をかけないよう、環境関連の法規制、及び当社が同意したその他の要求事項を遵守し、環境改善を推進します。
  • 環境マネジメントシステムの継続的な改善により、環境改善に努めます。

取り組みテーマ
基本方針に基づき、以下の項目に取組みます。

  • 省資源・省エネルギーを推進します。
  • 環境に配慮した製品開発を推進します。
  • 従業員の環境教育により、当社が目指す環境改善への自覚を図ります。
    ※従業員」とは、TPSの全従業員とTPSで行う環境マネジメントシステムの適用範囲内で働く派遣社員・業務委託社員などのすべての社員を含みます。

私達は、自らの活動、製品並びに付帯サービスから生じる環境影響を適切に捉え、その改善に向けた目的と目標を定め、活動を行うと共に、毎年見直しを行います。
尚、この環境方針は当社ホームページ上に公開します。



ニュースリリース

ニュースリリース一覧はこちら