Skip to content

インテリタッチ(超音波表面弾性波方式)

美しい画面と優れた耐久性・信頼性を実現。
超音波表面弾性波方式タッチパネル「インテリタッチ」
マルチタッチ対応、ゼロベゼル(フロントベゼルのない設計)もラインナップ。

インテリタッチ(超音波表面弾性波方式)

製品特長
  • 89~92%の高透過率
  • タッチ回数制限無しの耐久性
  • ドリフト無しの正確入力
  • 手袋入力可能
  • Z軸入力(押圧検知)可能
  • 表面処理:クリア、アンチグレア
  • 対応サイズ:6.4~54.6型

動作原理

インテリタッチ動作原理

パネル隅のX/Y発信子から発生した超音波表面弾性波は反射アレイによりパネル上に行き渡り、X/Y受信子に戻ります。タッチするとその部分の超音波表面弾性波が減衰します。コントローラはその位置を検出し、位置データとして出力します。また、減衰量をZ方向データとして認識できます。ガラス表面に傷がついても位置検出に影響はありません。