Skip to content

2019年春 展示会レポート

タッチパネル・システムズは、第47回国際ホテル・レストラン・ショー(2019年2月)とリテールテックJAPAN 2019(同3月)に出展し、 店舗・リテール、ホスピタリティ分野向けのタッチパネル製品とアプリケーションを組み合わせたソリューションを展示しました。

POSレジ用周辺機器を内蔵したオールインワン・タッチコンピューター

PayPoint

PayPointは、キャッシュドロワー、バーコードスキャナー、レシートプリンター、磁気カードリーダーを備えたPOSレジ用Windowsタッチコンピューターです。POSレジに必要な機器を一体化し、Intel Core i5採用の高性能コンピューターやフリップ機能付きディスプレイといった優れた仕様をスタイリッシュなデザインに収めた新製品です。(注:本体色ブラックのモデルは参考出展のため、販売予定はありません。)

今回の展示会では、(株)エフケイシステム様と(株)プラネット様にPOSアプリケーション提供のご協力をいただき、実際に店舗内でPOSレジとして使用した場合を想定したデモを実施しました。

各種スタンド、周辺機器との組み合わせで様々なシーンで活躍

Iシリーズタッチコンピューター

専用のフロアスタンドにIシリーズタッチコンピューターを取り付けて使用すれば、スマートなキオスク端末になります。 今回は21.5型ワイドのタッチコンピューターをスタンドに取り付け、 顔認識技術を使った店頭サイネージのデモを実施しました。
<コンテンツ協力:エイコム(株)>

15.6型ワイドIシリーズタッチコンピューターをカウンタートップスタンドに取り付け、
決済端末を接続してセルフサービス端末としての利用を想定したデモを行いました。
(注:決済端末は参考出展で、弊社では取り扱っておりません。)
<コンテンツ協力:(株)ウェブフロンティア>

Iシリーズタッチコンピューターをデスクトップスタンドに取り付け、
ホテルの施設案内などの様々なデジタルサイネージ用途にも使用することができます。
<コンテンツ協力:(有)アクセスビジョン>

豊富なサイズバリエーションを用意、各種周辺機器の利用も可能

タッチモニター

7型~70型までのタッチモニターの豊富なラインナップから、用途や設置場所に応じて最適なサイズを選択して、Webカメラや磁気カードリーダー、指紋認証デバイスなどの周辺機器(オプション)をモニターに取り付けて利用することも可能です。また、専用のAndroidコンピューターボックスを接続することで、クラウドサービスEloViewでコンテンツを管理・配信することができるため、各店舗に設置してデジタルサイネージとして使用した場合、管理者の手間やコストの削減につながります。

製品に関するお問い合わせ先

タッチパネル・システムズ株式会社 営業部

TEL:045-478-2161
FAX:045-478-2180
E-mail:tpsinfo@elotouch.com

※お電話受付時間:月~金 9:00~12:00,13:00~17:00(祝日・年末年始および弊社定休日を除く)