Skip to content

POSレジ端末

東京 丸の内 ベルジアン ブラッスリー コート アントワープ セントラル[2017年]

高性能コンピューターとタッチパネルのオールインワンモデルで
人気店の注文入力・管理を簡単、迅速に



概要
ベルジアン ブラッスリー コートは、1920年代の「正統派ビアカフェ」を再現したインテリアで、様々なベルギービールと本格的なベルギー料理を現地そのままのスタイルで楽しめるベルギービールカフェです。2017年8月現在、東京都内で6店舗、大阪に1店舗展開されています。

東京 丸の内のアントワープ セントラルは、東京ビルTOKIA B1Fという東京駅直結の便利なロケーションにあり、連日盛況で様々なメディアからも注目されている人気店です。(ベルジアン ブラッスリー コートの詳細はこちらをご参照下さい)

アントワープ セントラルでは、POSレジ端末として合計5台のタッチコンピューター15X2をお使いいただいています。

ベルジアン ブラッスリー コートを運営する株式会社アクアプランネット フード事業部の小林由人様と15X2を採用したレストラン向けPOSシステムを開発、販売されているエスパー株式会社の何原一治様にお話を伺いました。
使用する人
店舗スタッフ
設置場所
注文用のPOS端末として店内に3台とテラス席に1台、レジカウンター内に会計用レジ端末として1台の合計5台設置。
導入製品
15.0型タッチコンピューター
15X2の使い勝手(株式会社アクアプランネット 小林様より)
店舗では以前から同じPOSシステムを利用していましたが、2016年12月にハードウェアを新機種に入れ替えました。旧機種と比べてコンピューター性能が上がったので、注文の入力やデータ送信といった処理速度が速くなりました。混雑時に注文が集中した場合でも、POS端末の操作にかかる時間が短縮でき、お客様により迅速にサービスできるようになりました。

また、新しく無線LAN機能が追加されたので、有線LANのみで構成していた以前のシステムと比べると、店内の端末の配置を考える際に配線を気にしなくても済むようになり、お店のレイアウトの自由度が高くなりました。

ソフト面では、画面上に店内のレイアウトがそのまま表示されて使いやすいですし、レイアウト変更する場合でも現場で操作して簡単に変更できるのでとても便利です。(注:ソフトウェアはエスパー株式会社様の製品です。)

ハードウェア採用のポイント(エスパー株式会社 何原様より)
タッチパネル・システムズ製のタッチコンピューターは、以前から弊社POSシステムで採用しています。最新機種の15X2では、様々な改善点があり満足しています。

ファンレス仕様により粉塵の問題やファンの騒音の問題も解消され、さまざまな施設様への導入がしやすくなりました。筐体のカラーバリエーションが黒と白の展開になり、またモニタースタンドも2段階の可変式なので、設置場所のロケーションに合わせた導入が可能となりました。

本体がスリムになった分、インターフェース(シリアルポート数)が少なくなりましたが、オプションの拡張ユニットを採用する事により、様々な周辺機器との接続が可能となっています。

保証面では標準で3年間の無償保証が付いており、その後は有償保守サービスも追加で付帯することができるので、保証面、機能面、価格面と三拍子揃った一体型端末だと思います。

今年は仕様のマイナーチェンジがあり、メモリの増設とSSD化によるパフォーマンスの向上も期待出来ます。

15X2を採用したPOSシステムは、アクアプランネット様が展開する他の店舗でも多数導入いただいています。

TOKYO MERCATO