Skip to content

診察情報入力・管理システム

松本歯科大学病院[2003]

あらゆるシステムにタッチパネルを活用し、診療業務効率の向上を

施設外観  施設内観と使用イメージ

概要
長野県内唯一の歯科大学病院として1972年に開設して以来、歯科領域における中核病院として最高レベルの医療を実現し、地域社会に貢献してきた松本歯科大学病院では、平成8年よりタッチパネル・システムズ社の製品が導入されています。

用途
1)患者の診察情報の入力・管理。カルテの作成、医療費の会計・請求までを自動的に行う。
2)職員の出退勤を記録

使用する人
1)歯科医師
2)職員

設置場所
1)構内各科の診療室
2)エントランス

導入製品
超音波表面弾性波方式「インテリタッチ」応用製品
◇15型/17型 タッチモニター
◇SMARTBRANCH(カスタム/筐体材質:大理石)LCDタイプ

使用イメージ  受付イメージ

導入背景

「患者の診察情報を管理するシステムは以前タブレットにファンクションキーの配置図を付けたものを検討していましたが、変更がある度に配置図の変更が必要になるため、タブレットをやめ、別方式のタッチパネル付モニターを採用しました。しかし不具合が多発したため、信頼性のある超音波表面弾性波方式のタッチモニターの採用を決定しました。」

「職員の出退勤システムには、端末前の滞在時間を短くするためICカードを使用していますが、カードを忘れたときの補助としてタッチ入力での操作も可能にしています。」

設置イメージ  使用イメージ

採用の決め手

「以前使用していたタッチパネル付モニターは静電容量方式を採用したものでしたが、これに比べ耐久性が良く、タッチ位置検出が安定していることが大きな魅力です。」

工夫した点

「必要な情報が一画面で得られるように、ソフトウェアの画面内配置とモニターサイズに配慮し、階層を深くし過ぎないように注意しました。」

システム構成

サーバー、各PC+タッチモニター

導入による効果

「数値化しての判断は難しいですが、タッチパネルを導入して長いためか指でのタッチ入力で当たり前、他の入力方法だと不便を感じます。また、超音波表面弾性波方式は、タッチ位置検出も安定していますし耐久性も良いので、メンテナンスがほとんど必要ありません。確実に診療業務の効率は向上していると思います。」

松本歯科大学病院
URL http://www.mdu.ac.jp/
アクセス 長野県塩尻市広丘郷原1780 松本歯科大学病院
JR塩尻駅下車 タクシーで約5分徒歩で30分程度
診療時間 9:00~17:00(初診受付:8:30~11:00/13:00~16:30)
休診日 第1・第3・第5土曜、日曜、祝日、創立記念日、夏季休業、年末年始休業等