Skip to content

FAQ

お客様からいただくお問い合わせの中から、よくあるものをまとめました。
対応事例にもなっておりますので、疑問点などがございましたらまずこちらをご覧ください。


特によくある質問
Windows版
タッチコンピューター/
IDS用コンピューター・モジュール

Android版
タッチコンピューター

タッチモニター

タッチパネル・ドライバ

EloView

アーカイブ(過去のFAQ)
ソフトウェア(タッチパネル・ドライバ)共通

Q どのOSで動きますか?また、どのドライバをインストールすれば良いのでしょうか?
A 「最新のタッチパネルドライバ」をご参照ください。
Q タッチパネル・ドライバを使うことで何ができますか?
A 弊社タッチパネル・ドライバをインストールすることで以下の機能を追加することが可能です。
  • タッチ時にタッチ音を鳴らす。
  • Windows7以降のOSでマウスエミュレーション操作(弊社Windows用タッチパネル・ドライバの場合)
  • スパンモードで使用可能
  • タッチエリアの指定
Q LINUXで使うことはできますか?
A Linuxドライバとして、いくつか用意がございます。 詳しくは下記をご参照ください。
http://www.elotouch.com/Support/Downloads/dnld.asp#linux

その他のものについて、詳しくは お問い合わせ ください。
Q タッチパネル・ドライバをPCにインストールしましたが、タッチが反応しません。
A 以下の点をご確認頂き、状況が変わらない場合は弊社サポートセンターまでご相談下さい。
  【シリアル/USB接続共通】
  • タッチパネル用通信ケーブルはPCと正しく接続されていますか。
  • ご使用OS(Windows/MacOSX/Linux)に合ったタッチパネル・ドライバをインストール
    されましたか。
  • タッチパネル面に保護シートやセロハンテープのような異物が付いていませんか。
 
  • 弊社Windows用タッチパネル・ドライバをインストールしている場合
    ・ デスクトップのEloConfig開くことは出来ますか?
    ・ 「タッチパネルの設定」ダイログ・ボックスの「タッチスクリーンプロパティ」ボタンを
      クリックすると「タッチスクリーン・情報」のタッチスクリーンモデルに
      タッチパネルコントローラは表示されていますか?
    ・ 「プロパティ画面の右下にある「タッチ無効」にチェックが付いていませんか?
  【シリアル接続】
  • タッチパネル・ドライバをインストールする前にタッチパネル通信用ケーブルは接続しましたか。
  • 増設ボードなど使用し増設したCOMポートに接続していませんか。
    ※弊社では増設ボードなどを介して接続された動作の保証は致しかねます。予めご了承下さい。
  【USB接続】
  • PCはタッチパネルを正常に認識していますか。
    例えば、Windowsのデバイスマネージャー(マイコンピュータ→コントロールパネル→システム(「ハードウェア」タブ)→デバイスマネージャー)を開いた状態で タッチパネルのUSBケーブルを抜差ししたとき、デバイスマネージャー上で警告がでませんか。
Q マルチモニター(複数のモニターを1台のPCに接続すること)に対応していますか?
A 弊社タッチモニターはマルチモニターに対応しています。
接続可能なモニター数は構成システムにより異なりますので、ご検証ください。

【弊社Windows用タッチパネル・ドライバをインストールしている場合】
マルチモニターをで使用する場合、個々のモニターで位置補正を行います。
タッチモニターでないモニターに位置補正画面が表示された場合は、 キーボードで「Esc」キーを押すか、プログレスバーの表示がタイムアウトするまで待ち、 位置補正プログラムの表示を次のモニターに移してください。
タッチモニターに位置補正画面が表示された時に、タッチパネルをタッチして、位置補正を行ってください。

位置補正が行われている場合、Eloタッチパネルの設定(コントロールパネル)の「タッチスクリーンのプロパティ」にある「モニターの識別」ボタンをクリックすると、 タッチモニターにモニター番号が表示されます。

スパン表示モードで使用する場合は、「共通設定」にある、「スパン表示モード」のチェックボックスにチェックを付けて、「Eloタッチスクリーンの位置補正」を行ってください。

【弊社ドライバを利用せず、Windows7以降のOSの標準機能でご利用の場合】
  1. 「コントロールパネル」⇒「ハードウェアとサウンド」⇒「タブレット PC 設定」を表示。
  2. マルチモニター構成の場合は「セットアップ」を初めに行ってください。
      これによってどのモニター(表示)とタッチパネルが対応しているかを設定いたします。
  3. 「調整」ボタンを押すと、位置補正が始まります。後は、画面の指示に従ってください。
※OSの機能ですので、不明な点はOSのヘルプやマニュアルでもご確認ください。
または、OSのベンダーや開発会社にお問い合わせください。
Q どんな制限がありますか?
A ドライバに添付されているReadmeファイル、ユーザマニュアルをご参照ください。
タッチパネル用ソフトウェアには、現段階では対応しきれていない制限事項がございます。
不具合が発生した場合、サポートができない場合がございますのでご了承ください。
また、ドライバインストール時に表示される「使用許諾契約書」もご参照ください。
Q キャリブレーション(位置補正)は実行できましたが、タッチが反応しません
A 静電容量方式や赤外線方式ではキャリブレーションは不要です。
以下の点をご確認頂き、状況が変わらない場合は弊社サポートセンターまでご相談下さい。
 
  • タッチパネル・ドライバで”タッチを無効”にする設定になっていませんか。
  • デスクトップのEloConfig開くことは出来ますか?
  • 「タッチパネルの設定」ダイログ・ボックスの「タッチスクリーンプロパティ」ボタンをクリックすると「タッチスクリーン・情報」のタッチスクリーンモデルにタッチパネルコントローラは表示されていますか?
  • プロパティ画面の右下にある「タッチ無効」にチェックが付いていませんか?
Q キャリブレーション(位置補正)が実行出来ません
A 静電容量方式や赤外線方式ではキャリブレーションは不要です。
超音波表面弾性波方式と5線式抵抗膜方式の場合、以下の点をご確認頂き、状況が変わらない場合はサポートセンターまたは販売代理店までご相談下さい。
  【シリアル/USB接続共通】
  • タッチパネル用通信ケーブルはPCと正しく接続されていますか。
  • タッチパネル・ドライバをインストールする前にタッチパネル用通信ケーブルをPCと接続しましたか。
  • タッチパネル面に保護シートやセロハンテープのような異物が付いていませんか。
  • (位置は、ずれると思いますが、)タッチは、反応しますか?
  • デスクトップのEloConfigを開くことは出来ますか?
  • • 「タッチパネルの設定」ダイログ・ボックスの「タッチスクリーンプロパティ」ボタンをクリックすると「タッチスクリーン・モデル」にコントローラモデルは表示されていますか
Q タッチ音が出ません
A ご使用OS(Windows/MacOSX/Linux)に合ったタッチパネル・ドライバをインストールされましたか。

【弊社Windows用タッチパネル・ドライバをご使用の場合>】
Windowsの場合デスクトップのEloConfigを開いてください。
「タッチスクリーンプロパティ」ボタンをクリックすると「サウンド」にある「ビープブザー」又は「スピーカー」のチェックボックスがあります。 チェックを付けて「適用」ボタンをクリックするとタッチ音が鳴るようになります。

「ビープブザー」は、マザーボード上のビープ・デバイスから音を鳴らします。
Q 「Eloタッチスクリーン・プロパティ」をアプリケーションから起動したいのですが
A 以下のプログラムを実行していただくことによって、起動することができます。
 
  • 「EloConfig.exe」をアプリケーションから実行してください。
    通常、プログラムは、「C:\Program Files\Elo Touch Solutions\」にコピーされています。
Q キャリブレーション(位置補正)画面をアプリケーションから起動したいのですが
A 以下のプログラムを実行していただくことによって、起動することができます。
 
  • 「EloConfig.exe /Align」をアプリケーションから実行してください。
    通常、プログラムは、「C:\Program Files\Elo Touch Solutions\」にコピーされています。
Q 障害の切り分け方法を教えてください
A タッチが効かないときは、まず原因がタッチパネルのハードウェアにあるのか、ソフトウェアにあるのかを切り分ける必要がございます。

【2台以上ご購入になられたお客様】
タッチモニターを交換してみてください。交換先に不具合が追従するようであれば、タッチモニターが原因です。


Windowsのコントロールパネルから「デバイスマネージャー(ヒューマンインターフェースデバイス」を開き、 USBケーブルを抜き差ししてデバイスが反応しているか確認してください。

Q PCまたは/およびタッチ製品の組み合わせを変えたら、タッチとマウス・カーソル位置が一致しなくなった
A 組み合わせに変更があった場合は、必ずタッチ製品を接続後の初回PC起動時にキャリブレーション(タッチ位置補正)を実施して頂く必要があります。
Q 17型のタッチモニターをXGA(1024x768)の解像度に設定して使用しているのですが、
 位置補正を行っても画面の上下で1cm以上位置がずれてしまいます。
A 表示の解像度を下げて使用する場合は、Windowsのディスプレイの解像度の設定を
最大解像度に設定して位置補正を行い、位置補正を行った後で解像度の変更を行ってください。
Q Windows 7では、どのタッチパネル・ドライバを使用すれば良いですか?
A Windows 7用で使用できるドライバは、Windows Touch用のデジタイザ・ドライバと、マウスをエミュレーションするマウス・エミュレーション・ドライバの2種類があります。
「最新のタッチパネル・ドライバ」からダウンロードできます。
  • Windows Touch用(デジタイザー)・ドライバを使用する場合、タッチ入力をマウスのクリック入力として処理するか、 ジェスチャー入力として処理するかは、アプリケーション・プログラムの設計に依存します。

  • アプリケーションがマウスのクリックによる入力操作を行うように設計されている場合にWindows Touch用(デジタイザ)ドライバを使用すると、 入力しづらい場合があります。その場合、マウスエミュレーション・ドライバをお試しください。

  • マルチタッチに対応した製品でマルチタッチによる操作を行う場合、Windows Touch用(デジタイザー)・ドライバをご使用ください。
ご使用になるアプリケーションにあわせてお選びください。
Q デジタイザドライバを利用するとタッチした反応が鈍い・遅いのですが
A 本ドライバはWindows Touchに対応したタッチドライバとなっています。 その為従来のマウスエミュレーションドライバとはタッチした時の挙動が異なります。タッチした時にWM_TouchのDownメッセージが出力されますがWM_LBUTTONDOWNメッセージは出力されません。WM_LBUTTONDOWNメッセージは次のタイミングで出力されます。
  • 指を動かした時(WM_MOUSEMOVEも同時に出力されます)

  • 指を離した時(WM_LBUTTONUPも同時に出力されます)

この現象はWindowsTouchの仕様となっております。この為弊社ではお客様のアプリケーションをWindowsTouch対応することを推奨いたします。
Q デジタイザドライバをマウスエミュレーションで使用したい
A 動作モードを変更するとマウスエミュレーションモードで利用できます。(Elo Touch Solutions Multi-Touch Driver 6.5.0以降で対応)
タッチパネル・ドライバをインストール時にEloOptions.iniファイルを修正する方法とタッチパネル・ドライバをインストール後に設定を変更する方法の2種類あります。
タッチパネル・ドライバのインストール時に設定を変更しておく手順は、こちら。
インストール後に変更する手順は、下記になります。

  • 管理者権限で「cmd.exe」を実行し、コマンドプロンプトを開きます。
  • 「cd C:\Program Files\Elo Touch Solutions」を実行して、ドライバのファイルがインストールされているフォルダをカレントディレクトリにします。
  • 「EloDriverDefaults.exe -r」を実行して、現在のドライバの設定を「EloOptions.ini」に読み出します。
  • メモ帳などのテキストエディタを使用して、「EloOptions.ini」の設定を変更します。(管理者権限で「EloOptions.ini」を編集してください。)
    変更箇所は、下記の「ForceMouse」の追加と「MaxTouch」の設定変更です。
    [Device Default]
    MaxTouch=0
    「MaxTouch=0」を「MaxTouch=1」に変更すると、1点目のタッチのみをドライバで処理します。
    「ForceMouse =1」を追加すると、タッチのイベントがマウスエミュレーションになります。変更したら、保存して、テキストエディタを閉じます。
  • 「EloDriverDefaults.exe -w」を実行して、ドライバの設定を変更します。
  • Windowsを再起動します。
  • 「EloConfig」を開いて「Eloタッチスクリーンの位置補正」で位置補正を行ってください。
  • マウスカーソルが矢印になっていることを確認してください。
  • 2点目のタッチを行うと正常に動作しない場合があります。


ソフトウェア(タッチパネル・ドライバ)Windows Embedded Standard 7

Q Windows Embedded Standard 7用のドライバはありますか?
A Windows 7用のドライバを使用していただくことが出来ます。
「Windows Embedded Standard 7へのドライバ組み込み手順」 (PDF)を参照してドライバを組み込んでください。
Q Windows Embedded Standard 7でタッチパネルを使用したいのですが?
A Windows Touchをご使用いただく場合は、Windows Touchに対応したWindows Embedded Standard 7(WS7P)が必要です。
Windows Touchに対応していないWindows Embedded Standard 7(WS7C/WS7E)では、
弊社の一部製品を除き、マウスエミュレーションドライバを組み込むことで、マウスエミュレーションが可能です。
マウスエミュレーションドライバが対応していない製品についてはお問い合わせください。
Q Windows Embedded Standard 7でタッチ動作させたいのですが?
A Windows Touchでご使用の場合はWindows 7用のドライバを使用していただくことができます。
「Windows Embedded Standard 7へのドライバ組み込み手順」 (PDF)を参照して、ドライバを組み込んでください。

マウスエミュレーションドライバでご使用の場合はマウスエミュレーションドライバーをご使用していただくことができます。
「Windows Embedded Standard 7へのマウスエミュレーションドライバ組み込み手順」(PDF)を参照して、ドライバを組み込んでください。
Q Enhanced Write Filter(EWF)を使用してディスクへの書き込みを行わないようにした場合でも、位置補正
  データは、再起動後も保持されますか?(注:投影型静電容量方式、光学方式を除く)
A Windows Touch用(デジタイザー)ドライバの場合、超音波表面弾性波方式とUSB接続の5線式抵抗膜方式の場合、位置補正データをタッチパネル・コントローラ側に保存します。 その為、EWFを使用しても位置補正データが保持される為問題ありません

投影型静電容量方式と赤外線方式の場合位置補正が不要のため問題ありません。

マルチモニターでご使用の場合、タッチスクリーンとモニターの紐づけはWindows側で保存されているためディスクへの書き込みが必要です。